ストレッチで疲れやからだの不調を解消しよう!

ページ番号1000479  更新日 2017年2月24日 印刷 

イラスト:ストレッチ1

運動と休養は表裏一体。健康を保つためには休養も必要です。疲れてやる気がおこらなかったり、肩こりでからだの調子が良くない…。 そんな時は、ストレッチがオススメです。

柔らかいからだになる!

からだを動かす機会が少ないと筋肉はどんどん硬くなります。筋肉が硬くなると、からだをスムーズに動かせずに転倒してしまったり、姿勢が悪くなったり、腰痛になってしまったりと様々な悪影響が考えられます。

ストレッチは筋肉を伸ばし、からだの柔らかさを高める効果があります。

イラスト:ストレッチ2

「もともとからだが硬いから・・・」とあきらめていませんか?
からだが硬いと感じている方にこそオススメの運動ですので、ぜひ実践してみましょう。柔らかい方も、今の状態を維持するために、ストレッチを取り入れてみましょう。

快適なからだになる!(コリや冷え性の予防)

動かす機会が減り、硬くなった筋肉は血行も悪くなります。疲れが溜まったり、ずっと同じ姿勢でいたりすることでも血行は悪くなります。血行が悪くなるとは、血液中の酸素や老廃物が上手く流れずに体内に滞ってしまう状態。これがいわゆる「コリ」の原因になります。

ストレッチをすることで血行が良くなりますので、コリの軽減疲労回復につながります。また、血液には熱を運ぶ作用もあるため、冷え性の解消にも一役かってくれますよ。

リラックスできる!

朝起きたときに“グゥ~”っと背伸びをしたり、疲れたときに首を回したりしたことはありませんか?無意識におこなってしまうそんな動作も立派なストレッチなんです。

イラスト:ストレッチ3

時間も場所もお金もとらずに簡単におこなえますので、お風呂上りや、寝る前などに気持ちよ~くからだを伸ばしてみてはいかがですか?
深呼吸をしながらゆっくり伸ばしてあげると、疲労回復快眠といったリラックス効果が高まりますよ。