充実した検査項目
トップページ > 充実した検査項目 > 検査の流れ

|
検査の流れ
|
|
|
検査項目は、加入組合によって異なります。

第1・第2受付
コード記入及び受診項目の確認をします。
OCRやその他の問診票をチェックしますので 必ずご自宅でご記入をすませてきてください。

便潜血反応検査
ご自宅で便を採取してきていただき、受付にて回収します。
※月経中は便潜血検査はお控えください。後日検査を受けることもできますので、その際は受付で申し出てください。

更衣
更衣室で健診着(自宅からTシャツをお持ちください)に着替えていただきます。
※貴重品保管はできませんのでお持ちにならないでください。

腹囲測定
軽く息をはいた状態でおへその高さの腹囲を測定します。
診察
医師による診察を行います。
眼底検査
眼底の血管の状態を見ます。
※必要と認められる方に実施します。
眼圧検査 *
眼内液の圧力を測定します。
骨密度測定 *
足のかかとの骨量を測定します。
※前回の検査で特に異常のない方は、2〜3年に1度の受診で充分な検査です。
腹部超音波検査 *
※妊娠中の方は受診できません。
子宮頸部がん検査 *
医師が直接、子宮頸部の細胞を採取します。
※妊娠中の方・月経中の方は受診できません。
※出産後1年以内の方はなるべくさけてください。

乳がん検査 *
マンモグラフィー検査・超音波検査
※妊娠中、授乳中、断乳後1年以内の方は受診できません。

マンモグラフィ検査

超音波検査
乳がん健診について詳しくはこちら

胃部レントゲン検査 *
バリウムを飲んで食道から胃・十二指腸までの上部消化管を撮影します。
※妊娠中の方は受診できません。
※授乳中の方はなるべくさけてください。

血液検査
肝機能・尿酸・腎機能・脂質代謝・糖代謝・貧血などを調べます。
B型肝炎検査 *
血液中のB型肝炎ウィルス抗原の有無を調べます。
 
C型肝炎検査 *
血液中のC型肝炎ウィルス抗体の有無を調べます。
 
ペプシノーゲン検査 *
血液中のペプシノーゲンの濃度を調べます。
 
甲状腺検査 *
血液中の甲状腺ホルモンの量を調べます。
 
アレルギー検査 *
ヤケヒョウダニに対するアレルギー反応を血液で調べます。
 
アレルギーセット検査 *
スギ、ヒノキ、ブタクサの花粉に対するアレルギー反応を血液で調べます。
 
アディポネクチン検査 *
血中のアディポネクチン(脂肪細菌から出てくる善玉物質)の量を調べます。
 

腫瘍マーカー *
体内に腫瘍ができると健康時には見られない特殊な物質が大量に作られ、血液中に出現します。これを腫瘍マーカーといい、がんの発生臓器と関連性があるため、基準値以上検出された時は腫瘍があることが疑われます。 下記の5項目から選択できます。

  • AFP・・・肝細胞がん
  • CEA・・・消化器(食道がん、胃がん、直腸がん)
  • CA125・・・卵巣がん、子宮がん
  • CA19-9・・・膵臓がん、胆道がん
  • SCC・・・肺扁平上皮がん、子宮頸部がん

 

ピロリ菌抗体検査 *
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因や、胃がん発症のリスクを高めているともいわれるヘリコバクターピロリ菌が血中に存在しているのかを調べます。

 

HPV検査(ヒト・パピローマウイルス) *
子宮頸部のHPV感染の有無を調べます。

最終受付
受診票を回収し、受診項目のチェックをします。
保健指導の日程及び参加方法を説明します。
健診アンケートへのご記入をお願いします。

*はオプションです。加入組合によって受診できない項目もあります。